ライブ感ある映像をDSLRで撮ってその場で編集、WEBで拡散(1)

外洋ヨットにおけるアジア最長レースである「沖縄-東海ヨットレース2014」において、広報委員長としてまさに今時の動画による広報活動を行ったので、そのレポートを転載します。

前後編でお届けします。動画によるイベント広報の基本パターンとしてお読みください。

少数のスタッフと限られた予算

沖縄-東海ヨットレースは、とても少数のスタッフと限られた予算の下で開催されている。そこで私は第1回大会より左記に絞って広報活動を行ってきた。

■外洋ヨットに乗っている人、あるいは興味がある人に情報提供する。

■広報媒体をインターネットに限定し、SNSにより情報拡散する。

3回目となる今回はこれらに加え、Yellowbrickが提供する航跡情報(15分毎・リアルタイム)へのアクセスが非常に多いことから、求められている情報は「よりリアルなもの」であると考え、「映像が欲しい」という実行委員長の強い要望もあり左記の2点を追加した。

■ムービーを制作する。

■よりタイムリーに伝える。

公式ホームページ

「公示」に準じる位置づけで運用。各委員会等から送られてくる情報をスピーディに更新し、情報の在処が分かり易いことに気を配った。同時に更新したことをFacebookでアナウンスし、航跡情報をはじめ動画サイト、Facebookなどへのリンクはすべてトップページに集約した。

公式Facebookページ

チーム(艇)のFacebookページ(以下FBと略す)を持っていない場合、エントリーが受理されるとすぐにチームに連絡をとり、この機会にFBを作成していただくことをお願いし、今回は元々FBを持っていた艇も含め10杯の艇がFBを運用してくれた。

各艇が準備や回航の記事をアップすると、各艇のFBを全てフォローしている私はすぐにそれに気づく。内容を読み、数行のキャプションを加え、公式FBにシェア(転載)する。これにより公式FBをフォローしている人たちは、10杯の参加艇に関する鮮度の高い情報をタイムリーに知ることができるという仕組みである。スタートに向けて参加者のみならず、周辺の人も期待感が高まっていったと思う。

(つづく)

名古屋・東京でWEB動画制作・映像ソフト企画のことなら、弊社にお任せください。経験豊かなクリエーターと映像プロデューサーによる質の高い映像コンテンツを通して、お客様の想いを世界中にお届けします。株式ソーシャルメディアによるWEBプロモーション企画もご提案いたします。企業や商品のPRの映像制作に関するご要望がございましたら、どうぞお気軽にお問い合せください。

Close