WEBマーケティングでのソーシャルメディア活用ポイント

通信と設備の環境さえ整えればだれもが参加できるWEB上のツール、それがソーシャルメディアです。Instagram、Facebook、TwitterといったSNSやブログなどもソーシャルメディアに含まれます。

ソーシャルメディアの早さ

ソーシャルメディアの特徴として最も有効な点は、情報拡散スピードの速さです。昔から口コミは有効な広告手法の1つでしたが、一般の方が従来のメディアを凌ぐほどの発信力を身につけたことで、情報が広がる範囲に空間的な制約が無くなりました。

例えば、名古屋や東京といった大都市では、毎日のように様々なイベントが開催されています。その中でも特に多くの人に集まっていただいたイベントは、進行中にもソーシャルメディアによる情報の拡散により、雪だるま式に観客が増えていくということが良くあります。

ターゲットを明確にする

ソーシャルメディアは有効なツールですが、広告として活用する以上マーケティングは必要です。地方都市名古屋にも様々な商品やサービスを取り扱う企業様がありますが、年齢や性別、ライフスタイルなどによってそれぞれ狙っている購買層があるはずです。同様にソーシャルメディアの利用頻度も年齢やライフスタイル、お住まいの地域によって全く違うことがあります。つまり、ソーシャルメディアの広告が有効な層と、そうでは無い層があるということです。

また、映像制作会社の視点から考えてみると、どのようなターゲット層を狙っているかで商品PR・企業PRのプロモーション企画や映像シナリオ、演出方法が異なります。特にソーシャルメディアを活用した広告を行う場合、映像制作会社との打ち合わせでもターゲット層の明確化は、特に力を入れるべき部分です。

コミュニケーションツール

名古屋や東京に留まらず、日本全国の企業様がソーシャルメディアを活用しています。しかし、ご活用いただく際に最も重視すべきポイントは、ソーシャルメディアはコミュニケーションツールとして利用されていることです。ソーシャルメディアの活用では、営利目的では無いユーザーを、どれだけ巻き込めるかが重要です。

しかし、そうしたユーザーは「とにかく面白いコミュニケーション」を求めています。ガチガチのCMといった雰囲気の情報を、すぐに見抜き離れてしまうユーザーは決して少なくありません。ご活用になる際は、あくまでもユーザーとコミュニケーションを楽しむツールとしてのスタンスも重要です。

弊社は東京や名古屋で映像コンテンツの企画制作を行っている映像プロダクションです。ソーシャルメディアの活用にも強い映像制作会社をお探しでしたらお気軽にお問い合わせください。

Close